年間行事 | 桶川北本伊奈地区医師会立 准看護学校

年間行事

本校における戴帽式の意義

ナイチンゲールに始まる近代看護の流れの中で、白いナースキャップや白衣は看護の精神を受け継ぐ象徴とされてきました。看護の精神とは、ヒューマニズムを根底とし、この世界にたった一つのかけがえのない命を持つ人間に対して健康のために心ある援助を行うことです。そして看護職に就くということは、この精神を引き継ぎ未来に伝えていくことを担う一人となることです。この戴帽式を通して看護の精神を引き継ぐことの意味を学生達に理解してほしいと願っています。本校入学から8ヶ月、今までの看護の学びを振り返り、これからもさらに自己を向上させていけるよう決意を新たにする場として戴帽式を迎えて欲しいと思います。

↓写真をクリックするとご覧になれます。

当校では下記の様な行事を行い学生達の教育を行っております。

献血協力
4月 入学式

入学時オリエンテーション

新入生歓迎会

2年次平和研修旅行(沖縄)

5月 2年次臨地実習開始
6月  
7月

献血協力

2年次卒業進路説明会

8月  
9月  
10月 戴帽式
11月 2年次普通救命講習会
12月 芸術鑑賞会
1月 1年次学内総合演習
2年次卒業試験
2月 接遇研修会
卒業生を送る会
2年次准看護師資格試験
2年次卒業旅行
2年次卒業記念講演会
3月 卒業式

桶川北本伊奈地区医師会立

〒364-0014
埼玉県北本市二ッ家
3丁目183番地
TEL 048-592-8926
FAX 048-592-6894
Mail:info@okekitaina-junkango.com

  • 合格100%実績
    ※准看護師資格試験
  • 全国模擬試験上位
  • 働きながらの資格取得
  • 充実した看護実習
  • 学費が安く質が高い
  • 駐車場完備

資料請求

このページのトップに戻る